Working Holidayワーキングホリデー

異文化と大自然が満喫出来るオーストラリアで暮らそう!条件を満たせば、最大3年間まで滞在が可能です。

異文化と大自然が満喫出来るオーストラリアで暮らそう!条件を満たせば、最大3年間まで滞在が可能です。

  • 英語力:初級-上級
  • 期間:数ヶ月-3年間
  • 対象年齢:18歳-30歳

ワーキングホリデーとは

バックパッカー

ワーキングホリデーとは、1年間の長期滞在が可能となる、海外生活をしてみたい方にとってもおすすめの制度です。資格の勉強、仕事をすることもできます。もちろん語学の勉強ができるのは言うまでもありません。オーストラリアは以前より移民を受け入れてきたという歴史があり、たとえつたない英語であっても、受け入れてくれる文化があります。また英語が母国語でない方の英語に触れることも少なくありません。

オーストラリアのワーキングホリデービザの大きな魅力の一つは就労が出来るということです。英語を話す実践の場が増えるだけでなく、オーストラリアで社会経験を積むことが出来ます。また海外で暮らす上で一番重要なのが安全面です。オーストラリアは治安の良い国とされ、衛生面や医療面においても世界高水準の国です。

キャリアアップや夢の海外生活など、様々な可能性を高められるワーキングホリデーには、魅力がたくさんあります。貴重なワーホリ期間が充実したものとなるように、オーストラリアワーホリのあれこれをご案内いたします!

POINT

  • POINT1

    学習・就労・休暇が自由に可能!

  • POINT2

    多民族国家であるオーストラリアで多くの文化に触れる貴重な経験!

  • POINT3

    最大3年までの滞在が可能!


どうしてオーストラリアを選ぶの?

passport-australia

オーストラリアといえばどのようなイメージを持っていらっしゃいますか。豊かな自然の中でおっとりとした生活をイメージなさる方が多いのではないでしょうか。オーストラリアらしい豊かな自然ももちろんですが、日本のような都会を楽しめる国でもあります。他国に負けないオーストラリアの魅力をご紹介します。

2020年のオーストラリアの最低賃金は、東京の985円を上回る$19.49(約1,500円)となっています。
政府ページはこちら

節約をすれば半年から1年間で100万円の貯金に成功した!という話もあるようです。
英語力や就労先によって結果も大きく異なりますが、多くの方がしっかり働いてお金をためながら海外生活をされているようです。ワーホリらしく気ままな旅行を楽しまれる方もたくさんいらっしゃいます。

豊かな自然と観光地

生活の隣には自然があり、地域によってはカンガルーがいることも!海の観光地の代表格であるグレートバリアリーフをはじめとして、大地の荘厳さを感じられるウルルなど、魅力的な観光地がたくさんあります。ワーホリ中の息抜きや目的にもなる観光はとっても大切です。オーストラリアだからこそ楽しめる美しい自然を、この機会にぜひ見ていただきたいです。


多民族国家

多民族国家であるオーストラリアは、英語の良し悪しに比較的寛容な国であるとも言われています。オーストラリア人の人柄は優しく穏やかなこともあり、英語が多少うまく話せなくても受け入れてくれる文化があるそうです。様々な異なる英語環境に触れることができるため、異なる文化をたくさん感じることができます。


魅力の異なるそれぞれの都市

オーストラリアは一つの大きな大陸が国となっています。そのため、渡航する都市によって特色が大きく異なります。オーストラリア1の大都市であるシドニーをはじめ、暖かく、美しいサンゴ礁が広がるケアンズ、自然と共存しオーストラリアらしい生活を楽しめるパースなど、同じ国でも様々な側面を味わえることも魅力の一つです。

様々な側面を持つということは、ご自身が思い描く留学の形を実現できる可能性が高いことを意味しています。自然を楽しむことはもちろん、キャリアアップを目指してバリバリと仕事をする環境を選ぶこともできます。



オーストラリアのワーキングホリデーでできること

shutterstock_436703641 (1)_R

ワーキングホリデー中はお仕事も旅行も勉強も、条件の範囲内であれば意のままに海外で暮らすことができます。語学勉強に励みながら働いたり、旅行に出かけたりと自由な時間を過ごすことができるのは、ワーキングホリデーならではの魅力です。

就学、仕事、旅行、など自由に暮らせるのはワーキングホリデーだからこその強みです。キャリアのために働くのもよし!リラックスするのもよし!都市に行くのもよし!是非オーストラリアの生活を楽しんでください。

語学就学

ワーキングホリデーでは、最長17週間の語学学校への就学が認められています。初に就学して英語力を高める方や、バリスタなどのお仕事のためのスキルアップを目指して就学される方もいます。オーストラリアにはたくさんの語学学校があるので、目的に合わせた留学の形を選ぶことができます。


就労

就労時間は週20時間と決められている学生ビザと異なり、フルタイムで働くことができるのが、ワーキングホリデーならではです。たくさん働いてお金を稼ぐこともできれば、自身の予定に合わせて仕事量を調節することもできます。最大6か月間、同じ雇用先で働き続けることができます。


旅行

長期間自由にできる生活を日本で手に入れるのはなかなか難しい、、、。そこで、オーストラリアに長期滞在ができるうちに、旅をしてみるのもおすすめです。オーストラリアならではの大自然を味わえる観光地へ是非旅行に行きましょう!


オーストラリアでワーホリをするメリット

メリット1:交換留学と違い留学プランを自由に組むことができる

  • 図書館にいる女性
  • 一般的な大学の交換留学や認定留学の場合、TOEFLやIELTSなどで一定の成績が求められることがほとんどで、大学側から選ばれる必要があります。また選ばれたとしても留学対象となる学校が指定されており、学べる内容も期間もすでに決まっているケースがほとんどです。 それとは対照的に、休学留学は個人で全てを決めることができます。また全ての意思決定が自分にあるので留学先も自分で決めることができ、期間やプランもフレキシブルに決めていけます。

メリット2:留学費用をアルバイトでまかなうことができる

微笑むカフェスタッフ

1年間の語学留学の場合、一般的に200万円以上の資金は必要になるかと思いますが、オーストラリアではワーキングホリデーを利用することによって初期費用と30万円程度の貯金があればアルバイトをしながら簡単に生活することができます(ここでの初期費用とは航空券、語学学校費用、保険代を合わせたものでだいたい80万円程度)。もちろん個人差はありますが語学学校に行かない人もいれば英語が目的でない人もいるので上記の金額はあくまで参考程度に留めてください。オーストラリアでは時給が日本に比べて高く最低賃金は約19ドル、日本円にすると1400円程度なので、節約すると貯金もできます。日本に比べ物価が高いと言われているオーストラリアですが実際に生活してみるとスーパーや市場で安く買うことができるので実質的には日本とそこまで変わらないような気がします。

メリット3:ビザが比較的取得しやすい

  • 日本のパスポート
  • 他の国のワーキングホリデーのビザ申請に比べると比較的簡単に取得することができます。ビザ申請のタイミングも年間通して特に審査開始時期は定められておらず、留学プランに沿って応募できます。またビザ申請から認可まで通常、1週間~3週間で取得できるのも、ぎりぎりのタイミングで留学を検討されている場合にも申請しやすいポイントです。

メリット4:セカンド・サードビザが取得可能

ケアンズのビーチ

ワーキングホリデーは通常1年間となっていますがファームジョブなどで一定期間働くことによりセカンドビザやサードビザを取得することができます。この制度を利用すると、最大3年間まで滞在期間を伸ばす事ができるようになります。 ワーキングホリデーを2年間も延長できる国は現状オーストラリアのみなので、長期間滞在したい人や長い期間で留学を計画している人には最適な国だと言えます。またセカンドビザを取得できれば、語学学校に就学できる期間も最大で17週間増やすことができます。ファーストビザの間学校で4ヶ月勉強した後、さらに勉強したいという人はセカンドビザでの滞在時に学校に再度行くことができます。

オーストラリアでワーホリをするデメリット

デメリット1:就職活動に不利に働いてしまう場合がある

悩む女性

日本に帰国してから就職活動をする際に、ワーホリで得たものや目的をきちんと答えられなかったりすると就職活動で不利に働きます。また、ワーキングホリデーと聞くだけでマイナスなイメージを持たれることもあります。よくある話として聞くのが、1年間留学をしても英語力が思ったほど伸びず留学期間中はアルバイトをしてただ単に遊びに来ただけになってしまったというものです。

企業側としても一年間ワーキングホリデーをしてただ単に海外で過ごしてきた人を採用するメリットは少なく、仮に英語力だけを伸ばしていてもそれはツールの一種でしかないので英語を使わない企業や大手企業などは英語+αを求めてきます。もしワーキングホリデーの後に就職活動を考えている方は、英語と何かもう一つの強みを期間中に作っておくことが大事です。

デメリット2:1年いても英語力が伸びない人もいる

勉強に悩む女性

オーストラリアのワーキングホリデーでは17週間まで語学学校に通えますが、それ以上は通えません。事前の準備がなく全く英語力がない状態で17週間勉強しても伸びるのは中級レベルまでということもありえます。その状況で仕事探しをしても、積極性やタイミングが上手く噛み合わなければ、自ずと英語を喋る機会は少なくなっていきます。例えばジャパニーズレストランの様な日本語が使えるホスピタリティー系業界で働くことになった場合のように。

現地ではMeet upなどのコミュニティーがありますが、そのような場所で英語力を高めるのも限界があります。方法としては、学生ビザで渡航するというのもありますが、そうするとオーストラリアで生活している期間中は学校に行かなければいけずその分費用が膨れ上がります。最終的に英語をほとんど話せない状況で帰国する羽目になりかねないので、必ずワーキングホリデーで渡航する際には前もって勉強をしておきましょう!


ワーキングホリデーで必要な費用

ビザ費用 約4万円
航空券(片道) 約5万円~
海外保険料(1年間) 約20万円
学費(3ヶ月) 約35万円~
滞在費・生活費(1年間) 約144万円
アルバイトの給料 ※1 約-170万円
総額 約38万円~
※1AUD=70円の場合での計算
※1:到着4ヶ月目から最低賃金で週40時間で働いた場合

ワーホリにおすすめの留学プログラムは?

語学就学

school/image

語学力に不安がある方にお勧めなのはもちろんのこと、ある程度英語力がある方にもお勧めです。英語力アップを図れるだけではなく、情報収集の場としても役に立ちます。ワーホリをされる方にとって情報は命ともいえるほど大切なものです。

良いファームの話やお仕事の紹介など、人が集まるところには情報も集まります。また、同じくワーホリで来ている同志に会えることも魅力です。学校によっては、無料就職活動ワークショップを開催しているところもあります。アルバイトのお仕事とは言えも、国が違えばしきたりも変わります。そんな就職のノウハウを教えてくれる語学学校は、充実したワーホリ生活のスタートを切るのに最も適した場所といっても過言ではありません!



スキルアップ留学

barista-image-language_top_R

オーストラリアでは語学就学だけではなく、+αのスキルを身に着ける留学の形があります。コーヒーが有名なオーストラリアならではのバリスタ留学や、社会人の方に人気のビジネス英語など種類は様々です。ほかにも、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツなどを学べる学校もあります。趣味や目的の合う友達も作れる大きなチャンスです!



スピーキングに特化したプログラムに参加

speaking-image-language=top

話すことに抵抗がある方が多い日本人にまさにぴったりの、スピーキングに特化したプログラムを開講している学校があります。少しでも話すことに慣れておきたい方、自信をつけてからお仕事探しをされたい方にはとてもおすすめです。



インターンシップ留学

internship-image-language

学校によっては語学就学+インターンシッププログラムを提供している学校もあります。将来の就職活動に役立つ留学にしたい、海外で働く経験をしたいなど、ワーキングホリデーをキャリアアップの期間として過ごされたい方には特におすすめです。



ボランティア留学

reception/hotel

日本ではあまりメジャーではないボランティアも、海外では普通に行われているものです。ローカルのコミュニティには入れることはもちろんのこと、ご自身の興味関心を増幅させるいい経験になることも!英語の練習もできて、何か人とは異なる経験ができるボランティアは是非お勧めしたい留学の形です。



オーストラリアでの仕事の探し方

探し方 良い点 悪い点
インターネットでの応募 応募に使えるウェブサイトは以下仕事探しに役立つ求人サイトに載せています。 短時間でたくさん応募が可能 相手次第では返信が来なかったり、遅い場合がある
ウォークイン ウォークインとは、履歴書を直接その職場へ持っていくことです。
  • お互いの雰囲気がわかる(採用担当者とその場で話すチャンスあるかも)
  • 職場の雰囲気(働いている人・国籍)がわかる
  • 履歴書に目を通してもらえる確率が上がる
  • 移動に時間がかかる
  • ウォークインする時間を考える必要がある(その職場が忙しいときだと相手にしてもらえない可能性がある)
紹介 友人や知人から紹介して貰う方法です。
  • 英語環境の仕事に就くことができる
  • エージェントから面接対策の指導などサポートが受けれる
いい加減な理由で辞めると友人や知人に迷惑がかかってしまう
エージェント(有料) お仕事斡旋エージェントからの紹介の場合、その人の希望や、語学力に適した仕事を紹介・斡旋してくれます(リゾート地やホテルが多いです)。
  • あらかじめ職場の情報が手に入る
  • 採用される可能性が高い
  • 紹介料がかかってしまう(働いたお金で十分まかなえる)
  • 希望通りの仕事を紹介してもらえない可能性がある

ローカルで採用されるに必要なこと

スーツを着た人たち

オーストラリアで仕事を得るために一番重要なことは英語力と思われる方も多いと思いますが、それ以上に必要なものがあります。「経験」です。もちろん未経験でも採用可能の場合もありますが、「最低1,2年間の経験が必須」など条件があることが多々あります。よくカフェで働きたい日本人を見かけますが、カフェでバリスタとして働くためには、ほぼ間違いなく経験(マシーンを使いコーヒーを作ること)が必須です。もしオーストラリアでしたい仕事があるならば、それを日本でアルバイト経験してから留学したほうが仕事探しがスムーズなことも多いです。

また、必要な英語力は職種によって異なりますが、英語での接客やコミュニケーションが本格的に必要となる仕事は中上級、上級レベルが必要になります。英語をそこまで使わない仕事ならば中級レベルでも採用されることは少なく有りません。

仕事探しに役立つ求人サイト

オーストラリアで仕事を探すのに役立つ求人サイトをいくつか紹介します。国内全体の求人が載っているものから、各地域に限定されたものまでさまざまあるので、いくつか覗いてみてはいかがでしょうか。

オーストラリア国内共通サイト

都市別サイト


実際のワーホリ生活はこんな感じ

1-4か月 語学留学!

ワーキングホリデーを楽しむには、まずは英語力が必要です。ここでしっかりと高めておくことで、今後のお仕事探しに役立ちます。英語力に自信がない、基本からしっかり学びたい方は、フィリピン留学や学生ビザでの語学留学をしておくこともおすすめです。


3-7か月 お仕事探しまたはファームへ!

英語力を高めた後はさっそくお仕事探しです。セカンドワーキングホリデービザの取得を考えている方は、ファームに行く方も多いです。語学学校で情報や仲間を集められると、大変だといわれるファーム就労も一層頑張れるかもしれません!


7-9か月 お仕事

お仕事や生活に慣れて、余裕が出てくる時期です。近場の旅行に慣れてきて、遠くの旅行や他都市への移動を考えることもあります。セカンドワーホリを考える方は、申請準備をしておきましょう!


10-12か月 お仕事したり旅行へ行ったり!

ワーキングホリデーも終盤ということで、オーストラリアを楽しむ時期です。旅行に行って、友人との時間を楽しみます!次のステップに向けて、考え、動きましょう!!

ワーキングホリデー1年では足りない!もっとオーストラリアに滞在したい、、、という場合には、セカンドワーキングホリデービザやサードワーキングホリデービザの取得を目指しましょう!


ワーキングホリデーを楽しむ3か条

せっかくワーキングホリデーに来たのに、いまいち楽しめない、充実感がないということにはならないよう、
ワーホリを充実させる3か条をご紹介します!


POINT1

留学の目的を考えよう!

まずは留学の目的を作りましょう。英語力をしっかり身に付けたい!ローカルのお店で働きたい!外国人の彼氏を作りたい!リラックスできるオージーライフを送りたいなど、何でも大丈夫です。

まずはその前向きな気持ちが海外生活を楽しむ第一歩になります。また、目的があることで、これから何をしたい、何をするべきという次のステップが見えてくることもあるでしょう。目的をかなえるために動いてみることで新しい発見や出会いが生まれます。その経験が行ってよかったと思える留学を作っていくのではないでしょうか。

POINT2

違いを楽しもう!

日本人留学生もたくさん訪れている国といえども、日本とは勝手が全く異なります。日本の常識が非常識になってしまうことも時にはあります。まずは、生活の違いを文化だと理解し、受け入れてみることが大切です。

異なる国だから違って当たり前と、違いを楽しむことが大切です。気持ちや考え方次第で楽しみ方も大きく変わってくることは間違いありません!

POINT3

後悔しないように挑戦しよう!

1年と期間が限られているからこそ、思いついたことは積極的に行動してみてください。ワーキングホリデーに最も大切なのは、自分自身が納得できる留学生活を送ることだと思います。時には我慢が必要なこともあると思いますが、是非自分自身が楽しめる生活を送ってみてくださいね。一日一日を大切に!


こんな失敗に気を付けて!


POINT1

家賃詐欺に引っかかった!!

オーストラリアでの滞在先として、シェアハウスへの滞在を考える方も多いと思います。そこで注意したいのが家賃詐欺です。シティの中で格安で一人で滞在できる!など甘い話には要注意。高額なボンド(敷金)を払ったにもかかわらず、1週間前になって急にオーナーがいなくなったなんてことも起こりえます、、、。シェアハウスを探すときは、必ず内見に行きましょう。領収書はもらえるか、内見ができるかを必ずチェックし、悪徳家賃詐欺に引っかからないよう注意してください。日本からシェアハウスを探す際は、最初はホテルやバックパッカーに滞在することをお勧めします。

POINT2

悪徳ファームに引っかかった!

ファームの中には、セカンドワーキングホリデービザの申請条件を満たさない労働を強いる、手続きをしない場所もあります。ただ、行く前に判断するのは難しいのが現状です。口コミや知り合いから情報を集めることがとても大切になりますが、それができなかった場合は到着後に確認する必要があります。

①雇用契約書があるのか、②給与明細はもらえるのか、③取れ高の詳細をもらえるか、④給与は銀行振り込みかどうかを必ず確認してください。これらのことをごまかしたり、渋るところは悪徳ファームの可能性があります。行き当たりばったりで判断するのは嫌!という場合、信頼のおけるファーム業者に連絡し手配を頼むという方法もあります。

POINT3

お金が無くなった!!

海外生活に舞い上がってしまって、お金が無くなり止む無く帰国、、、ということが起こらないように、生活が安定するまではお金を計画的に使うことが必要です。すぐに見つかるだろうと思っていた仕事がなかなか見つからなかった、長く働きたかったのに解雇になってしまったということも起こりえます。何が起こるかわからないことを踏まえて、お金の管理をしっかりと行うように心がけましょう!


ワーキングホリデー渡航までの流れ

  • 3~6ヶ月前

    情報収集・エージェントに相談

  • 2~3ヶ月前

    語学学校のお申込み

  • 1ヶ月前

    ビザ申請・航空券・ 保険手配

  • 1~2週間前

    渡航準備

  • 渡航日当日

    出発!


オーストラリア留学センターサポート情報!

オーストラリア留学センターでは、お客様の理想に合うワーキングホリデーになるようサポートいたします!!
海外で働いた経験、暮らした経験を生かして、今後の人生の糧とする方がたくさんいらっしゃいます。
是非様々なことに挑戦して、楽しく充実したワーキングホリデー生活を送りましょう!


無料お問い合わせ・説明会予約