オーストラリア観光ビザ

観光ビザとは?

  • オーストラリア政府のロゴ
  • 日本のパスポートを持っていれば、世界の多くの国へはビザなし出入国することができます。ただ、オーストラリアの場合は、アメリカやカナダと同じように「電子渡航証」、通称”ETAS”(=Electric Travel Authority System)と言われる、観光ビザの役割を果たすものの申請が必要です。

    90日以内の観光や出張などでもこれは必要です。また90日以内の短期留学の場合も、この観光ビザで渡航することができます。

    ETAS(イータス)の有効期限は、取得日から原則1年間となります。 有効期限内であれば、1回の渡航につき3ヵ月以内の滞在が可能で、何度でもオーストラリアに渡航する事が可能です。
    ただ、短期間内に頻繁に何度も出入国を繰り返したり、毎回の3ヶ月ぎりぎりまで滞在を繰り返したりしていると、入国審査で止められてしまう恐れもあるので要注意です!

申請方法

  • 看護師
  • ETASの申請はインターネットから5~10分程度で日本語で簡単に行えます。
    下記のオーストラリア移民局のサイトからアクセスし、申請料20ドル(2020年5月時点)で申請することができます。
    オーストラリア移民局サイトはこちら

    ETASを申請する際は、

    • 有効なパスポート
    • クレジットカード
    • Emailアドレス
    が必要となりますので事前にご用意の上申請してください!
申請後12時間以内に、発給通知が届きます。空港でのチェックイン及びオーストラリア到着時にこの発給通知を提示する必要はありませんが、心配な方は念のため印刷しておくと良いでしょう。

尚、申請はオーストラリア移民局のホームページから可能ですが、移民局登録の代行会社(日本語)などで、20ドルよりも安く申請を代行してくれる会社もあります。一人での申請が不安な方や、少しでもお得に申請したい!という方はそちらも是非チェックしてみてください。

注意点

  • オーストラリア政府のロゴ
  • ETASはパスポートを大使館に送ったり、入国時にビザのシールなどがパスポートに貼られるものではありません。オーストラリア移民局のデータベースに、ETASの登録情報とパスポート情報などがリンクし登録されるので、入国時は何かビザの書類などを別途提出する必要はありません。

    また、ETASでは、最長12週間まで学校での就学が可能ですが、アルバイトなどはできませんのでご注意ください。
    基本的に観光ビザは、就学は可能ですが観光が主目的となる渡航証ですので、アルバイトをされたい方は、学生ビザやワーキングホリデービザを取得しましょう!


無料お問い合わせ・説明会予約