オーストラリアの学生ビザ概要

学生ビザとは

学生ビザ、ワーキングホリデービザ、観光ビザの違い

条件 学生ビザ ワーキングホリデービザ 観光ビザ
滞在可能期間 3か月以上~5年以内 12か月以内 3か月以内
就学期間 3か月以上 17週間以内 3か月以内
就労 2週間で40時間以内 フルタイムで就労可能
※1雇用主の元で最大6か月
不可
ビザ延長 可能(制限あり) 条件を満たせばセカンド、
サードビザの取得が可能
不可
ビザ申請から発給までの所要期間 2か月~3か月 1か月以内 1~2週間程
ビザ申請可能時期 日本国内:学校開始日より4か月前
オーストラリア:学校開始日より3か月前
入国日の12か月前
(ビザ取得から12か月以内に入国しなかった場合は失効)
入国日の12か月前
(ビザ取得後1年間は何度でも入国可能)
ビザ申請場所 オーストラリア国内外問わず オーストラリア国外 オーストラリア国外
申請費用 $620 $485 $20
対象年齢 6歳以上 18歳~30歳 年齢制限なし
家族同伴 通常可能 不可 不可

学生ビザの有効期限

オーストラリアの学生ビザ申請&取得条件

学生ビザの種類と申請費用

学生ビザ申請に必要なもの

必須

パスポート

入学許可書番号(入学予定の学校より発行されるもの)

OSHC

クレジットカード

メールアドレス

Genuine Temporary Entrant(GTE):就学理由

Genuine Temporary Entrant(GTE):・その他諸情報 、職歴(会社名・住所・役職・就労開始日・就労終了日)、最終学歴(学校名・コース名・卒業年度日)、過去10年の海外への渡航履歴(国名と渡航履歴:出入国の日付)、両親や兄弟の情報(お名前、生年月日)など

追加書類

健康診断用紙

レントゲン診断用紙など

ビザ申請後に、移民局から追加書類の提出を求められることがあります。看護やチャイルドケアを学ぶ、フィリピンなど東南アジア圏に3か月以上の滞在歴がある場合など、健康診断が追加事項として求められることがあります。

学生ビザの延長について

学生ビザの申請方法

申請準備

オンラインでビザ申請を行うことができます。有効なパスポート、クレジットカードなど必書類を準備してから申請を開始しましょう。申請料金は2019年9月現在A$620です。※申請料金は変更がある場合がありますので、最新のものを確認してください。
最新の学生ビザ情報はこちら(英語サイト)

②申請

ビザ申請にはImmiAccountが必要になります。持っていない方は、まずアカウントを作成してください →ImmiAccount作成方法はこちらから →オーストラリア大使館のホームページはこちら(英語サイト)
申請事項を確認し、項目に沿って申請を進めてください。

③審査

オーストラリアの移民局で審査されます。ビザの発行には通常1か月ほどですが、健康診断などがあると審査に時間がかかります。余裕をもって申請して下さい。

④ビザ通知発送

ビザの発給通知書取得申請時に指定した方法(E-mail/郵送)で届きます。E-mailを指定する際は、携帯電話のメールアドレスでは受信しきれない大きさのファイルが届く可能性がありますので、パソコンで受信できるアドレスを準備して下さい。またパソコンのメールアドレスはフリーメール(G-mail、YAHOO mail)などでも大丈夫です。

⑤ビザ発給

電子上で許可されるビザのため、入国の際に入国審査官に提示する必要はありませんが、念のためプリントしてからオーストラリアへ渡航されることをお勧めします。 通知書には学生ビザの滞在許可期限や諸条件が記載されているので、必ず確認して下さい。

ビザ申請を自身で行うのは不安という方へ

  • カフェ文化
  • 英語で行うビザ申請をきちんと行えるか不安という方もいらっしゃるはず。弊社では、弊社を通して学校をお申込みいただいたお客様に、ビザ申請サポートを無料で行っております!



    オーストラリアのビザ申請をするにあたり、申請後に追加で書類を求められるなど、状況に応じて対応せざるを得ない問題も多くなってきています。弊社では、すべての申請段階においてお客様と共に内容を確認させていただきながら誠心誠意ビザ申請のサポートを行わせていただいております。申請の際は、直接オフィスにお越しいただくことも、スカイプにてご対応させていただくことも可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。



その他のサポート内容、ビザ情報に関して

  • オーストラリア留学センターが選ばれる理由こちら

  • 現地サポートサービスはこちら

  • ワーキングホリデービザについてはこちら

無料お問い合わせ・説明会予約