オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    (日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

アデレード都市情報

Adelaide top

アデレード都市概要

city南オーストラリア最大の都市アデレード。西端ははるかパースにまで広がる広大なナラボー平原のちょうど始まりに位置しています。アデレードの道は碁盤の目のように整然と並んでいて中心部の周りは緑豊かな公園で囲まれており、その落ち着いた町並みはほかのオーストラリアの州都とは一味違った雰囲気を醸し出しています。
一年を通してすごしやすく、コンパクトでクリアな街という特徴を持つアデレードは観光客やオーストラリアの方にも人気があります。また、世界で住みやすい都市ランキング第5位に選ばれています。
そんな街中にはレストランの数が非常に多く、芸術とワインの街として有名で、毎年3月には1年交代でアデレード芸術祭バロッサ・バレー・ワイン祭が開かれます。現在オーストラリアの代表ワインを数多く製造するバロッサ・バレーのワイナリーは、開拓当時にドイツ・オーストリア系移民が始めたものです。その名残のせいか、アデレードの街並みもどこかヨーロッパ風です。

アデレードの空港について

airportアデレード空港はアデレード市街地の西、車で約20分の距離に位置しています。
市街地への移動はバスタクシーを利用します。バスはローカルバスシャトルバスの二種類があります。ローカルバスは15分から30分の間隔で運行しており、料金はピーク時で$5.30、オフピーク時で$3.40です(シングルチケットの場合:2016年11月現在)。チケットはバスのドライバーから直接購入するか、バス乗り場に設置されている券売機から購入可能です。シャトルバスに関しては、予約は不要で30分間隔で運行しており、料金は$10.00です。タクシーを利用した場合は$25程かかります。

ico_arrow28r_5アデレード空港

アデレードの気候

climate四季がはっきりと分かれている温帯性気候に属しています。夏は湿度が低いため、暑くても快適に過ごすことができます。冬場も気温はそれほど下がらず、日中は少し涼しい程度の過ごしやすい気候ですが、高山地域ではスキーをすることもできます。観光地として有名なカンガルー島は朝と晩に冷え込むことがありますので、防寒対策をしておいたほうが安心です。

spring copy 春 9月〜11月:平均気温は21℃くらいですが、10月ごろまでは長袖が必要となります。一日の気温差が約10℃と日本に比べると激しいので、重ね着などをして調整する必要があります。
summer copy 夏 12月〜2月:日中の平均気温は30℃ほどですが、日中40℃を超す日もあれば極端に涼しい日もあります。空気が非常に乾燥しているので、暑くても快適に過ごすことができますが、春同様一日の気温差が10℃以上になる日もあるので薄手の上着を用意しておいたほうが良いでしょう。
autum copy 秋 3月〜5月:平均気温は22℃程度ですが、朝晩の冷え込みが厳しくなります。一日を通して活動する際は上着が必須となります。
winter copy 冬 6月〜8月:日中は18℃くらいまであがる、穏やかな気候です。しかし、年間で最も雨が多くなる季節でもあり、日本の梅雨のように雨が降り続くこともあります。最低気温は10℃を下回ることもあるので、マフラーや厚手のコートでの防寒対策が必要です。

ico_arrow28r_5オーストラリアの気候・降水量

アデレードの交通情報

電車、バストラムタクシーが要所を網羅しており、交通の便は非常に良いです。バストラムに関しては、一部区間は無料で利用することもできます。郊外に出る際も、上記交通機関が利用可能です。
チケットは複数の種類があり、主なものはSingle trip Metro ticketという切符のようなカードと、Metro Cardという日本のSuica、ICOCAのような電子マネーカードです。Metro CardはSingle trip Metro ticketよりも安い料金で交通機関を利用することができますので、アデレードで生活する際にはぜひ手に入れておくべきアイテムです。観光客用には1日チケットや3日間乗り放題チケットなどがあります。

[電車]
trainアデレードの電車は、Adelaide Railway Stationを中心に南北に走っています。シティにある鉄道の駅はこのAdelaide Railway Stationのみで、街の北西に位置しています。路線数も多くはないので、初めての方でも迷うことなく利用できます
[バス]
Ade-free bus市街・郊外を網羅しており、公共交通機関の中でもっとも利用する機会が多い乗り物です。バスの正面にバスの番号と目的地が表示されています。バス停で停車してもらう際は、運転手に合図を出して止まってもらいます。車内放送や次のバス停の表示がないので、降りたい場所周辺に来たら停車ボタンを押します。バスは時間通りに来ないことが多いので(早い場合も遅い場合もあります)、利用の際は余裕をもって行動してください。
市内では30分間隔で無料バスも運行しています。98A98Cはシティとアデレードの北を結んでおり、99A99Cはシティ内の主要な場所を通っています。
[トラム]
tramアデレード市内と南西にあるグレネルグビーチを結んでいます。トラムは10分から20分に一本の間隔で運行しており、市内からビーチまでは約30分です。シティのEntertainment Centre駅からSouth Terrace駅区間内と、グレネルグのGlenelg – Moseley Square駅からBringhton Road駅区間内は無料で利用できます。
[タクシー]
taxi初乗り料金は利用する時間帯によって異なります。また、空港からの利用の場合は空港税として追加料金がかかります。タクシーに乗る際は、市内の複数個所にあるタクシー乗り場へ行くか、宿泊先に呼び出すのが一般的です。

Metro Card

metrocards copyMetro Card(メトロカード)とは日本のSuicaやICOCAのような電子マネーカードで、電車・バス・トラムで利用が可能です。料金は一度乗車するとその後2時間まではどこまで行っても同料金となります。また、他の都市と同様にオン・ピーク時とオフ・ピーク時で運賃に差があります。Single trip Metro ticketと比較すると運賃が安く済みますので、アデレードで生活する際には是非手に入れておきたいアイテムです。
Metro Cardは市内のコンビニやAdelaide Airport、Adelaide Railway stationで初期費用$5+カードにチャージする料金(最低$5~)で購入することができます。また、インターネット上でカードを登録することで自動チャージや残高・履歴照会、紛失時のカードのキャンセルができるようになります。
毎日公共交通機関を利用する方は、28 day passの購入をお勧めします。また、学生の場合は学生料金が適用されるStudent Cardを購入することも可能です。

ico_arrow28r_5アデレード公共交通機関

アデレードの留学環境

education留学先としては他都市と比べてまだポピュラーではないアデレードですが、それゆえにアデレードに留学に来ている学生は勉強への意識が高いです。日本人も少ないので、英語漬けで生活したい方にとっては理想的な環境です。街もどこかゆったりとした雰囲気に包まれているので、学生はリラックスして勉強に集中できるでしょう。
アデレードにはアデレード大学サウスオーストラリア大学フリンダース大学TAFEなど、専門分野をしっかりと学ぶことができる学校も多くあります。また、南オーストラリア州政府が留学生の受け入れに積極的なため、サポートが行き届いている留学環境が整っています。


ico_arrow28r_5アデレードの学校一覧

アデレードの生活情報

life街はすべてのものが徒歩20分圏内でそろってしまうほどコンパクトにまとまっています、それゆえ、「20 Minutes City」とも呼ばれています。
公共交通機関も整っており、市街地中心部では無料のバス・トラムを利用することができます。有料区間であっても運賃は良心的です。また、学生は学生割引が適用されます。
公共交通機関だけではなく、アデレードでは他都市と比較すると生活費を抑えることができます。さらに、市内全域では無料でWifiが使用可能です。
街からは海も山も近く、観光地として有名なグレネルグビーチへはトラムで30分で行くことができます。市内にも自然が多く、アデレードの人々はあちらこちらの公園でコーヒーを飲みながら思い思いの時間を過ごしています。

[ホームステイ、シェアハウス]
ホームステイの滞在費は、一週間で260オーストラリアドル前後が一般的です。
シェアハウスは街の中心部からバスで15分程の場所のオウンルーム(個人部屋)で一週間120オーストラリアドル前後で借りることができます。アデレードではオウンルームが基本になっていますので、プライベートを考慮しつつ、生活費も抑えることができます。また、多少市街地から離れていても公共機関を学生料金で利用できるのでお得です。
[仕事(アルバイト)]
アデレードは他都市と比べてジャパニーズレストラン、いわゆるジャパレスが少なく、求人情報自体も少なくなっています。ローカルジョブは高い英語力が求められる上に採用される可能性が低く、日本人にとってはなかなか敷居が高いのが現状です。しかし、ローカルジョブお給料が高く、且つ仕事仲間とは英語でコミュニケーションする必要があるので英語力が非常に上がりやすいという利点があります。

アデレードの観光情報

sightseeingアデレードは伝統的な様式の建物とモダンな建物が入り混じり、あちこちに緑のあふれる綺麗な街です。街の北にはボタニックガーデンアデレード動物園南オーストラリア州立美術館南オーストラリア博物館など、観光名所がコンパクトにまとまっています。買い物を楽しみたいのであれば街の中央に位置するランドル・モールがお勧めです。歩行者天国になっているランドルストリートを中心に、ショッピングセンターやセレクトショップが軒を連ねています。街の南西にはアデレード・セントラルマーケットがあり、生鮮食品、チーズ、パン、お菓子など様々な食材を手に入れることができます。
また、街の北東にはオーストラリア最古のワインの産地の一つ、バロッサバレーがあります。伝統的な建物や広大なワイン畑を楽しむことができるのはもちろん、多くのワイナリーで無料で試飲ができます。アデレード市街からバスで南東に約1時間の場所には、ハーンドルフというドイツからの移民が築いた村があります。雑貨屋、カフェ、レストランが多く、オーストラリアにいながらヨーロッパの空気を楽しむことができます。電車で北西に向かえばアデレード港があり、第一日曜日には大型のマーケットがひらかれています。トラムで南西に向かうと、アデレード市民御用達のグレネルグビーチが広がっています。アデレードからは遠くなってしまいますが、南にはカンガルー島という面積の三分の一が自然保護区になっている島があります。車とフェリー(または飛行機)での移動が必要になりますが、アデレードの各ホテルから出発できるツアーがいくつかありますので、それらを利用するのもお勧めです。

アデレードフォトギャラリー

Adelaide_PhotoGallery_01 Adelaide_PhotoGallery_02 Adelaide_PhotoGallery_03 Adelaide_PhotoGallery_04 Adelaide_PhotoGallery_05 Adelaide_PhotoGallery_06 Adelaide_PhotoGallery_07 Adelaide_PhotoGallery_08 Adelaide_PhotoGallery_09 Adelaide_PhotoGallery_10 Adelaide_PhotoGallery_11 Adelaide_PhotoGallery_12


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧