オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    10時~20時(月~金)/10時~19時(土・日)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10時~18時(月~金)

セカンド・ワーキングホリデービザ

セカンド・ワーキングホリデーとは?

group-sunsetオーストラリアのワーキングホリデーは、2005年11月1日以降、最初の1年目に政府指定の地域で3か月間以上の季節労働をする事で2回目のワーキングホリデーを取得する事ができるようになっています。 この2回目のワーキングホリデーはセカンドワーキングホリデーと呼ばれ、インターネット/郵送での申請が可能です。 ビザの許可要件はファースト・ワーキングホリデービザと同様で、学校は最長4か月。就業は同一雇用主の下では最長6か月までとなります。

セカンド・ワーキングホリデービザ申請条件

項目
条件内容
年齢
申請受理時点の年齢が18歳以上30歳以下であること (出発時の年齢ではありません)
目的
オーストラリアで余暇を楽しむことが主な目的であること
健康状態 心身ともに健康であること
必要書類
政府指定地域にて最低3か月以上の季節労働に従事した証明書(form1263)、Payslip(給料明細)
申請場所
国内申請の場合
発給日まで国内にいること
国外申請の場合
発給日まで国外にいること

申請方法

現在、セカンドワーキングホリデーはオーストラリア国内、国外それぞれ申請することができ、主に以下の3つの方法があげられます。

帰国後、日本で申請

1度目のワーキングホリデーが終了し、一度日本に帰国した後に、日本国内から二度目のワーキングホリデーを申請する方法です。 通常この方法であれば健康診断は求められません。 1度目のワーキングホリデービザ同様、入国時から1年間の滞在が認められます。

引き続き滞在し、オーストラリア国内で申請

1度目のワーキングホリデー中に、二度目のワーキングホリデービザを申請する方法です。 最初にワーキングホリデービザで入国した日から続けて滞在することができます。 2回目のワーキングホリデーというより、2年間のワーキングホリデービザと考えるほうが良いでしょう。

オーストラリア国内で他のビザからの切り替え申請

セカンドワーキングホリデービザは他のビザから切り替えも可能です。 学生ビザや観光ビザで入国後、現地でセカンドワーキングホリデービザに切り替えることができ、ビザ発給後、1年間滞在することができます。

セカンドワーキングホリデービザの申請手順

ファーストワーキングホリデービザ申請時と同様に、セカンドワーキングホリデーもインターネット、または書類申請となっていますが、インターネットでの申請が主流になっています。 オーストラリア移民局のセカンドワーキングホリデーの申請ページから行えます。
1.オーストラリア政府のイミグレーションのページ(英語)から申請画面へアクセスし、表示される項目に沿って回答していきます。
2.申請後はオーストラリア移民局のオンラインサービスにて、ファーストワーキングホリデービザで作成したImmiAccountでログイン(英語)してステータスを確認して下さい。

申請に必要なもの

基本的にはファーストワーキングホリデービザで申請した際と同じです。

書類
詳細
パスポート
滞在予定期間を満たす残存期間があることが好ましいです。 eVisaの情報はパスポート番号に基づいて管理されているため、滞在期間中にパスポートを更新すると、オーストラリア移民局に変更内容を申告しなければなりません。 可能な限り、事前に更新することをお勧めします。 パスポート更新に関しては、最寄りのパスポートセンターまでお問い合わせ下さい。
PCメールアドレス
移民局との連絡は申請中に希望した方法(メール・FAX・郵送から選択)にて行われますが、メールでのやりとりがスムーズです。 連絡方法をメールに設定した場合、ビザの結果通知が、Eメールに送られてきます。
申請料 440豪ドル (2016年3月現在)
※支払はクレジットカード払いのみです
使用可能クレジットカード VISA MasterCard JCB Diners Club Internaional American Express

申請内容に変更が生じた場合

ファーストワーキングホリデービザ同様、申請中や申請後に内容に変更があった場合、速やかに届け出る必要があります。詳しくはオーストラリア政府のイミグレーションのページ(英語)をご覧下さい。
(例)新しいパスポートを取得した、妊娠した、引っ越した 等


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧