オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    (日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

日本語教師養成講座プログラム

au-nihongo2

日本語教師って?

そもそも日本語教師は何をするのでしょうか?もちろん、”日本語を教える”ことが最大のお仕事です。その他にも、日本語という言語を理解する為に必要な日本の文化や経済、時事問題、日本人の考え方や捉え方(感覚)などを、幅広く教えていきます。

英語の先生を想像してみて下さい。中学・高校で習った英語の授業の中で、英語圏の挨拶や食べ物についても学びながら、”英語”という言語を学んできたのではないでしょうか。
日本語教師は、日本語を母国語としない方々に日本を知ってもらうとてもやりがいのあるお仕事です。

日本語教師になるにはどうすればよいのでしょうか?

日本語教師になるには、「この資格を取得しなければいけない」という資格がありません。しかし、文化庁の指導のもと、日本語教師として働くために推奨される基準が設けられています。

【日本語教師として働くために推奨される条件】

(1)文化庁が定めた420時間カリキュラムを修了すること

2000年に文化庁が国内外の日本語学習者への日本語教育施策推進の一環として示した「日本語教員養成のための標準的な教育内容」を基本指針として構成されたものが、通称『420時間カリキュラム』です。多くの養成講座がこのカリキュラムに基づいており、各養成講座を修了することで、文化庁の定める最低修得時間をクリアすることができます。国内外の多くの学校がこれを日本語教師の採用条件としています。

(2)日本語教育能力検定試験に合格すること

日本語教育能力検定試験とは、公益社団法人日本語教育協会が認定を行っている検定試験です。日本語教育者として日本語教育の実践につながる体系的な知識や、多様な現場に対応する能力を備えているかを判断します。

(3)大学卒業資格や教師としての経験値

大学において日本語教育に関する主専攻または副専攻を修了した方や、短期大学または高等専門学校を卒業後、学校・専修学校等において日本語に関する教育・研究に関する業務に2年以上従事した方、など、大学の学位相当の経験値を持っていることが好まれます。

今、日本語教師が必要とされています!

知っていますか?海外で日本語を学習している人はこんなにいます!
2012年度に国際交流基金(ジャパンファウンデーション)が行なった「日本語教育機関調査」によると、海外には約399万人の学習者がいます(緑のグラフ参照)。なんと過去33年間で学習者数は31.3倍に!2015年度に行われた調査では、学習者の数が増える見込みです。
learning_japanese_chart日本語教師の需要は、日本と世界経済の動向や日本と日本語学習者の出身国との関係などによっても年々変化しています。様々な要因から過去30年以上に渡って日本語学習者の数は増加しており、それに伴って日本語教師の需要も増え続けています(右:オレンジグラフ参照)。

最近では日本のサブカルチャー(アニメ・マンガ、J-POP、ファッションなど)が日本語学習のきっかけになることも多くなってきています。国別に見てみるとアジア圏での日本語教師の需要が多いことがみてとれます。主な求人は中国、韓国、台湾、ベトナム、タイからです。また、日本国内においてもアジア圏からの日本語学習者が大多数を占めています。
(出典:国際交流基金発行『2012年度 日本語教育機関調査 結果概要 抜粋』)

オーストラリアで日本語教師養成講座を受講するメリットは?

「数多ある日本国内で開催されている日本語教師養成講座でもいいのではないでしょうか?」という声が聞こえてきます。もちろん、費用を抑えたり、地方に在住していても通信教育で学べたり、良い点が多いのも事実です。一方で、あえて日本ではなく、オーストラリアで日本語教師養成講座を受講する意味はあるのでしょうか?
  • 一番大きなアドバンテージは実習量・質が違う!

    養成講座には必ず実習時間が含まれていますが、実習には本当に日本語を学びたい現地の学生に参加していただきます。日本で開講される養成講座の実習クラスに参加する学生は、日本にすでに滞在している海外からの留学生・移住者の方々が参加します。そのため、授業で出てきた文化的な表現もイメージをつかみやすく、理解が早い傾向にあります。オーストラリア現地の日本語教師養成講座の実習に参加する日本語を学びたい学生は、”今から日本に行きたい””最近日本に興味を持ち始めた”という初心者の方ばかり!日本の文化に触れる機会もマンガやアニメと、限られた媒体を通してのみになりがちです。こういった環境の違いから、海外で日本語教師養成講座を受講することによって、より初心者の方から日本語を教えていく、という、本当の”教える力・即戦力になる力”を身に着けていくことができます。
  • 海外で生活するということを体験できる!

    オーストラリアで日本語教師養成講座を受講することによって、先生自身にも海外経験を積めます!先生自身にも「知らない言語の中で生活することの大変さ」や「文化圏の違い」を生活を通して経験することで、柔軟な思考や言語を超えたコミュニケーション力が養われます。教室から一歩外に出ると英語環境になることで、先生自身の英語力も磨かれ、世界中どこへ行っても困らない英語力と、高い英語力で日本語を正確に伝える力が身につきます。
  • 海外で日本語教師として働く第一歩に!

    将来、海外で日本語教師を目指す方にとって大切なのは、なんといっても就職を見据えたネットワーク作りに勝るものはありません。オーストラリアで日本語教師養成講座を卒業した学生の多くが、世界各国で現役日本語教師として教鞭をふるっています。海外で活躍する卒業生とのネットワークで、オーストラリアの日本語教師養成講座開講校には、そのクオリティを信頼してお仕事の情報が常に届いています。

シニア世代が注目されています!

日本語教育能力検定試験の受講者の3人に1人は50歳以上!

公益財団法人・日本語教育協会が発表した平成27年度の日本語教育能力検定試験受験者数は約4700人でした。そのうち、50歳以上の受験者数はなんと1,595人と、全体の3割以上を占めています。
人生経験豊かな世代の方々が、第2の人生として、また新しいチャレンジとして日本語教師を目指されています!

日本語教師養成講座受講者 特別インタビュー

interview_saikawa3実際に日本語教師養成講座を受講された方の体験談を伺うことができました。

【犀川様について】
・都内在住 68歳
・シドニーで日本語教師養成講座を受講したのは62歳になってから。
その後日本語教師としてベトナムに約2年滞在。

――本日はよろしくお願い致します。
まず早速ですが犀川様の経歴について少しお伺いできますでしょうか。


どうもよろしくお願い致します。

私はもともと旅行会社に勤めていまして、主にオーストラリアで日本からのお客様の対応を行っていました。その後自分で不動産の仕事も始め、いろいろとやって来たのですが、基本は旅行業と不動産ですね。

――旅行業と不動産というと全く日本語教師とは結びつかないイメージですがその後どういう経緯で日本語教師になられたのでしょうか。


これは本当に偶然というか元々日本語教師について全く知らなかったのですが、たまたま昔からの友人とJRの山手線内でJICA(ジャイカ:国際協力機構)の広告を見つけて、応募したいね、という話をしていたら、友達が本当に応募して運良く採用されたんですよ。派遣先はベトナム・ホーチミンの観光局。そこのアドバイザーで新規のJICAのポジションだった(後で聞くと最初で最後のポジション)。任期は2年間。私はアジアには興味なかったんだけど、友達の在職中に遊びに行ったら、これがなんというか感慨深くて、昔夏休みを利用して台湾に遊びにいった時の光景がベトナムにあった(犀川様のご両親が台湾に赴任していた)。タクシーは通っているし時代は違うが、雑然とした社会を見て単純に”この国は面白い”と思っちゃったんです。ほんとに違和感なく溶け込めた。もちろん途上国特有のタクシーのおじさんに騙されたりホテルでトラブルがあったりしたが、ベトナムは全く嫌いにはならなかったですね。むしろ愛着が湧いた。若いエネルギーがあって、日本やオーストラリアなどの先進国とは違ったエネルギー、若い人の活気に溢れていた。そんな中で血が騒いだんですかね。年を取ってリタイアしたが何かできるのではないか、と思って。そこから友達の赴任中、何度かベトナムに行って、「観光ではなく住みたい」と思うようになったんです。それで「ベトナムで長期で滞在する方法は何かないか」と新聞を見た時に、一番手っ取り早いのは日本語教師かなとなったんです。たまたま友達の同期(JICAの青年協力隊)が大学や日本語学校で日本語を教えていたりしていたので、一緒に御飯を食べたり交流をしていたんです。紹介をしてもらい、日本語学校や大学を見学したりしました。それで最終的に日本語教師になろうと思いました。
その後、当時私の拠点であったシドニーに日本語教師養成講座があったので入学を決めました。

――日本語教師養成講座と聞いても「どういうことをするんだろう」と皆さん疑問に思われると思うのですが実際どのようなことを学ぶのでしょうか。

interview_saikawa2そうですね、大きくは2つでしょうね。
1つは教科書などを通して理論的な教え方を学ぶ。もう一つは実践を通して教えるテクニックを学ぶ。外国人に日本語を教えることは私たちが国語を学ぶこととは全く異なります。国語教育の一環として延長線上で考えてしまうと教えられない。語学教育というのも2種類ありまして、場面設定をして日本人が日本語で教えていくのが直接法、間接法はベトナムならベトナム語で翻訳して教えるやり方です。私たちが英語を学んだ時は、日本人の先生が文法を教えて外国人の先生が会話を教える、直接法と間接法の両方です。

我々は日本人なのでベトナム語で日本語は教えられません。なので日本語教師養成講座でも学ぶのは日本語で日本語を教える直接法です。直接法で授業の中で理論、教え方のテクニックを学びます。実践では模擬のクラスを設けて、模擬でも勉強をしたい人を集める、テーマを決めて代わりばんこに教える、授業で習ったことをもとに教材を作って限られた時間の中で教える。例えば数字であれば数え方、一つ二つ、一個二個など導入して、学んだことを実践の場所に導入していく、授業は参加型です。先生対生徒という私たちが習ったクラスのパターンではなく、同じようなテーブルに先生と生徒が一体となった会話型・参加型で授業を進めていく。最初は教えて、バターンを教えて、生徒に振って応える、それを生徒が別の生徒に振って応える、といった参加型がメインです。

教え方は派生して様々なバターンがあるので慣れてくるとテクニックを自分でも考えながら、先生に教わりながら、お互いに刺激しながら学ぶことができます。

最先端の教授法を学んでも、現場は大昔の日本

――日本語教師養成講座で学んだことと実際の現場では違いのようなものはありましたか。

もう、本当にそこが苦労しました。実際にベトナムにいくと日本語教育は違うんですね。もしかすると今は変わっているかもしれませんが一言でいうと古いんです。日本語教師養成講座では最先端の教え方を学んでいるが、現地の人たちは最先端の発想はない、私たちが以前英語を学んだ時のような昔のやり方、リピートリピート反復法。大学などは一対何十人といったスタイル。教科書も違う、日本語教師養成講座で使う教科書や教え方の部分は異なる。

東南アジアでよく使う教科書は「みんなの日本語」文法型の教科書です。日本語教師養成講座では、どちらかというと”文法型の教科書はだめ”、一対何十人という形になるから”会話型の場面設定の参加型が良い”と習って来ているのでいきなり違和感があるんです。

しかも習う生徒もトップダウンスタイルでの日本の最先端の教え方に慣れていない。先生対生徒といったやり方をやっているので、参加型でやっても初めは生徒がついてこれない。ベトナム人は日本人に似てシャイです。「発表して」と言っても誰も手を上げてくれない。

だけどこの辺りも人間同士のコミュニケーションの問題で、先生の人気取りではないが、おもしろ可笑しくやると”あの先生は面白い”と授業は人気になったりします。プライベートでもご飯に行きましょうとか、週末でも生徒から電話がかかってきますよ(”先生、お茶飲みに行きませんか”、”ヤギの肉食べたことありますか”、”BBQしませんか”、など)。

ベトナムでは先生という立場は大昔の日本のように地位が高い。給与はそんなに高くはないが、社会的な地位が高い、立派な先生は立派な人というイメージです。なので仲良くなると本当に慕ってくれますね。

60代は、まだまだ若い!

――有難うございます。最近の傾向として50代以上の方の日本語教師の割合がすごく増えているという統計がありまして、シニア世代の日本語教師がどんどん増えているという現状なのですが、最後にこれから日本語教師を目指す特にシニア世代の方に何かアドバイスはございますか。

interview_saikawa1これはおかしな話でもあるのですが日本語教師養成講座で習ったことは最先端の教え方、直接法でやる。それですべてうまく行くと期待をして現場でぶつけてしまうと大きく失望してしまうことになると思います。
実際には現地では、まだまだ間接法教授が多く、直接法教授が受け入れ難い環境です。それは、その国の、学校教育の教授法の影響かと思われます。

現地にいくと学校、大学、国によっても異なるが教科書も違う、教え方のスタイルも違う。違うというのを直そうとしても、現地の学生が小学校中学校の時からの教わり方で慣れているので急に新しいやり方をしてもとまどいがあってついてこれない。プライベートで教える分には良いが、組織の中だと、学校の教え方、やり方、教科書になる。そういうことに対して固定概念を持たずに自分で調整していく。固定概念を持ってしまうと反発を受ける。柔軟性を持ったやり方、特にシニア世代に言えることですが、年を取ると固定概念とかを持ちすぎてしまう。そうすると現地でぶつかる。ベトナムはこうだあぁだ、などと固定概念を持っていくと大変でしょうね。

現地の日本人でよくあるのが、”日本はこうだ”、”ベトナムはこうだ”と批判してしまうことです。長くオーストラリアに住んでいた私からすれば、実は結構日本が特殊。ベトナム人とオーストラリア人がやっていることで共通する事の方が多いくらい。もうこれは年齢的に難しいとかではなく、まず飛び込んで現地の人間、スタイルを知る。

日本語教師養成講座で学んだことは実はものすごく後から役に立つんです。自分でクラスをやっている時に応用展開するときに活かせる。初期の教え方は学校なりの教え方があるが、中級・上級になってくると色々展開をして、自分のアイデアを出しながらやっていく。もちろん教科書も使うが、実際の授業を展開する為の幅広い考え方、知識は日本語教師養成講座でやった実践が非常に役立ちます。

ただの机上論、書いたものを繰り返してもらっても生徒は分からない。ビジュアルを使いながら、映像を見せながら、またクイズ番組を提供したり、雑学の豆知識的なものを教材に使ったり、色々できる。そういった幅広い応用編を主に養成講座で学びました。

ベトナムの生徒はものすごく純粋。ピュアに日本語を勉強したい、日本のことをを知りたい、ふうぞく、習慣を知りたい、そういった気持があるので引っ張っていってあげる。本当にやりがいがすごくある仕事です。

年齢も、私が知ってる限りで最年長は73歳ですね。60歳くらいの世代であればまだまだ若いでしょう。シニア日本語教師の利点は、社会での経験の豊かさ、文化、歴史、知識の豊かさです。日本語教育は、言語のみの教育ではなく、日本の文化、歴史、習慣等、全てを含んだ総括的な言語教育で、現地の学習者は、それを期待し求めています。経験と、幅広い知識を備えたシニア教師ならではの利点かと思います。

本日はお忙しい中お時間頂き誠に有難うございました。
犀川様もまたベトナムに戻って教えたいという希望もお持ちということなので、今後ますますのご活躍を祈っております。



日本語教師養成講座 プログラム概要

開催都市 シドニー・オーストラリア
期間 12週間
開催時期 年6回入校
授業スケジュール 毎週 月~金曜 約6時間
授業料 約5000ドル
※キャンペーン情報あり。随時お問合せください。

日本語教師養成講座に関するよくある質問 FAQ

Q. ビザは何ビザで就学ですか?観光ビザでの受講を考えています。
A. はい、観光ビザ(ETAS)での就学が可能です。年齢が30歳以下の方であれば、ワーキングホリデービザで通うこともできます。
観光ビザ(ETAS)の場合は滞在可能期間が限られているので、入校日と入国日を慎重に決定してくださるようお願いしております。
Q. 英語は挨拶程度しか出来ませんが、受講は可能でしょうか?
A. 英語力について心配する必要はございません。日本語教授法には大きく分けると「直接法」と「間接法」の2種類があります。「間接法」は、学習者の母語や学習者間の共通語などの媒介語を使用して教えなければなりませんが、「直接法」は日本語のみを使い授業を進めていくので英語ができなければならないということはありません。しかしながら、常に比較対象として英語と比べながら日本語について考えて行くので、中級程度の英語力があると好ましいです。
Q. 講座受講後、日本語教師として働くチャンスがありますか?
A. はい、ございます。日本語教師養成講座を卒業後、受講校のアシスタント教師として雇っていただける機会があります(但し、就労可能なビザを所持していることが条件となります)。受講校以外にも、オーストラリアをはじめ日本、アジア圏を中心に、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、ロシアで活躍している歴代の卒業生とのネットワークを活かして、世界中の日本語教育機関からの求人情報が集まってきます。
Q. クラスの定員は何名でしょうか。
A. 最大6名の少人数クラスです。
Q. 20代の若い方が多いように感じますが…。
A. オーストラリアに学びにいらっしゃる留学生全体が20代が多いので、日本語教師養成講座の生徒さんも20代中心になる傾向があります。しかし、卒業生の中には30代以上から60代の方まで幅広くいらっしゃいます。また、主婦の方や子育てがひと段落して、新たに挑戦される方もいらっしゃいますので、ご安心ください。
Q. 420時間受講後、サティフィケート(修了証)が取得出来るとのことですが、
これは日本で取得出来る日本語教師資格とは違うのでしょうか?
A. 上記にも記載の通り、現在、日本に特別な日本語教師資格というものはございません。また、日本語教育能力検定合格と、日本語教師養成講座履修とは、全く別のものです。オーストラリアの日本語教師養成講座から発行されるサティフィケートは日本の日本語教師養成講座をもつ教育機関が発行するサティフィケートと同じように扱われます。サティフィケートには、420時間の履修が修了したことと、講座開講校が全養協の加盟校であることが記載されています。
Q. 宿泊先は、ホームステイのみですか?
A. オーストラリア留学センターでは、ホームステイの他、学生寮やシェアハウスのご紹介も承っております。また、学校手配の滞在先もございますので、ご要望と合わせてご相談ください。
Q. 前もって準備しておいたほうがよいもの・ことはありますか?
A. 日本からいらっしゃる場合、ノートやペン、色鉛筆、画用紙、マグネットシートなどの文房具類は模擬授業で多用します。オーストラリアでも購入が可能ですが、日本に比べると質が悪く値段が高い場合があります。お気に入りの文房具類などありましたらお持ちください。


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧