オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    10時~20時(月~金)/10時~19時(土・日)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10時~18時(月~金)

オーストラリア入国審査・税関の流れ

オーストラリア入国でまず一番始めに直面する入国審査の流れを、順を追って解説します。オーストラリアは全てのビザがオンライン上で管理されているうえ、2015年から審査官と対面せずに入国できるシステム『スマートゲート』が導入されました。ほとんどの主要な都市の国際空港で導入されています。自動化されたことにより、入国審査にかかる時間は10分前後まで短縮されました。
このページではシドニー国際空港を基に解説していきます。他都市の空港では、異なる場合がありますので標識または係員の指示に従って通路を進んでください。

①『ePassport self service』に進む

custom1 飛行機から降り、人の流れに沿って進んでいくと、写真のような電光掲示板が見えてきます。パスポートにチップが組み込まれているeパスポート(IC旅券)保持者16歳以上の渡航者が対象の『ePassport self service (eパスポート保持者)』に進みます。旧パスポートを保持している方や16歳未満の方、入国スタンプが必要な方は『All Other Passport Holders (その他のパスポート保持者)』に進んでください。

②Kioskで自動審査

SmartGate kiosks 『ePassport self service』に進むと、KIOSK (キオスク)と呼ばれる機械が何台も並んでいます。パスポートの顔写真のページを挿入すると日本語の画面がでてきますので、指示に従って質問に回答していきます。手続きが終わると、チケットがでてきます。
(例)
・結核を患っていますか?
・犯罪歴がありますか?

③顔写真を撮影

smartgatefacephoto キオスクで受取ったチケットを差し込み、正面のカメラを見ます。できる限りパスポートの顔写真と同じになるように、帽子や眼鏡を被っていたらとりましょう。眼鏡があるとエラーがでます。
撮影が終わると、ゲートが開きますのでそのまま通路に沿って進みます。入国審査はこれで完了です!チケットが出てきますので取り忘れに注意しましょう!

【エラーが発生した場合】

顔写真撮影でエラーが発生した場合も落ち着いてください。Assistance Desk (アシスタンス・デスク)がありますので、標識に従って進み、審査官のもとで対人で手続きを行います。

④荷物受け取り

荷物を受取るコンベアに進みます。モニターにフライト便名とコンベアの場所番号が表示されていますので確認しましょう。荷物のとり忘れ、間違いがないように荷物札の確認を忘れずに!

⑤入国カードを提出

飛行機の中で記入した入国カードスマートゲートで使ったチケットを提出します。入国カードの検閲の質問項目に全てNOと答えた方『Nothing to Declare (申告物なし)』に進みます。ひとつでもYESがある方は「申告物あり」のゲートに進みましょう。誤ったゲートに進んでも、係員が確認していますので安心してください。 申告物がある方や、申告物がある疑いがある方はスーツケースを開けるよう求められる可能性があります。自分が何をスーツケースに入れているか、しっかりと確認するようにしましょう。

⑥無事に入国

お疲れさまです。税関を抜けると入国の手続きは全て終了です。EXIT (出口)のサインに従って通路を抜けると、到着ゲートです。 お出迎えサービスを利用されている方は、各自出迎えドライバーの方を探しましょう。

ePassport (IC旅券)とは? 私のパスポートはIC旅券ですか?
IC旅券2006年3月20日以降に発行された日本国籍のパスポートはすべてIC旅券です。パスポートの表紙の下に、写真のようなマークが入っていることを確認しましょう。ICチップには氏名、生年月日、出生地などの基本情報のほかに、顔画像などの生体情報を記録されています。パスポートをIC化することにより、パスポートの盗難や偽造を防止するだけでなく、チェックインカウンターや出入国審査などの手続きを安全かつ迅速に行うことができます。
入国のスタンプがほしい場合は?
自動入国審査(スマートゲート)を利用して入国すると、入国スタンプを押されません。「入国スタンプがないのは不安…」「記念にスタンプがほしい」という方は、『All Other Passport Holders (その他のパスポート保持者)』に進み、従来通り審査官と対人での入国審査を受ける必要があります。
入国スタンプがないとどうなるの?デメリットはありますか?
入国スタンプがないことでデメリットとなることは、オーストラリア滞在中では少ないといえるでしょう。正式な入国日を確認したい場合も、政府のビザ確認システム(VEVO)を利用してステータスの確認ができます。
オーストラリアから帰国後、何かしらの滞在証明が必要な場合に不利になる可能性があります。例えば、運転免許の更新で海外滞在で不在だったことを証明したい場合や、他国へ留学する際にオーストラリアの滞在期間をすぐに確認できない場合などが考えられます。
※このページで解説している情報は2016年1月現在のものです。実際に現地で異なる手続きであった場合、入国できなかった場合も、当センターはいかなる責任も負いません。現地の係員の指示に従い、手続きを行うようお願い致します。


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧