COLUMNコラム

オーストラリアの首都キャンベラはどんな都市? 留学先におすすめな理由7つ

    • 2020年4月03日

flag

オーストラリアの都市と言えば、観光地としても有名なシドニーやケアンズ、最近人気のメルボルンなど、人気の都市も多くありますが、オーストラリアの首都はキャンベラという都市であることをご存知でしょうか?
他にも有名なスポットがたくさんあるあまりに、首都キャンベラはあまり耳にしたことがない都市かもしれません。
実はキャンベラは、穴場スポットとしてオーストラリア国内でもじわじわと注目を集めている都市なんです!
そこで、他の人とはちょっと違った留学がしたいあなたのために、オーストラリアの首都キャンベラが海外留学先としておすすめなポイントを押さえましょう!

そもそもキャンベラってどんな都市?
そもそもキャンベラってどんな都市?

キャンベラは、オーストラリア首都特別地域:Australian Capital Territory
(ACT)に属する都市で、オーストラリアの首都です。政治的機能を持った都市をつくるために、最大の都市シドニー・メルボルンの中間地点に位置するよう計画的に建設されました。
両都市の中間にあるので、どちらの都市からも車で2~3時間で到着できます。ビーチ都市の多いオーストラリアの中では珍しく、内陸に位置しています。と言っても、ビーチまでも車で2時間ほど。現在の人口は約40万人。だいたい、大阪の豊中市や神奈川の横須賀市と同じくらいの規模でしょうか。主に政府関係者が多く住んでいます。

– キャンベラがおすすめな理由1 –
きれいに整ったコンパクト計画都市!ショッピングにも最適
きれいに整ったコンパクト計画都市

10年ほど前は本当に何もなかったと言われているキャンベラ。今ではCanberra
Centre(キャンベラセンター)という大きなショッピングセンターをはじめ、おしゃれなレストラン、カフェ、バー、映画館、スーパー、雑貨屋、服屋(ZARA、
H&Mなどのファストファッションなど)が充実しています。建物や店の内装などが凝っているところが多く、モダンでクールな佇まいが印象的です。
また、キャンベラセンターのある市街地中心はほぼすべて徒歩での移動が可能。徒歩圏内に大きめの公園がいくつかあり、街とうまく融合しているのもいい雰囲気です。ふらっとお散歩するのもおすすめですよ!
朝や夕方の通勤・通学時間帯も交通渋滞はほぼなしでノーストレス。オーストラリアの主要都市の中でも、キャンベラは最も通勤・通学時間が短い都市と言われています。

– キャンベラがおすすめな理由2 –
オーストラリアの中でも特に治安がいい
治安

キャンベラは「オーストラリアで犯罪率が最も低い都市」に選ばれています。そもそも小さい都市というのもありますが、首都なので高学歴の国家公務員や研究員が多く住んでいて、観光客はほぼおらずビジネスマンが多い、という首都としての特徴も影響しています。オーストラリア首都特別地域として計画的に建設され、比較的高収入な方が多く住んでいるため、街中を歩いていてもホームレスを見かけることはありません。

– キャンベラがおすすめな理由3 –
圧倒的に日本人が少ない
日本人が少ない

キャンベラの街を歩いていると、圧倒的に白人とすれ違う率が高いのです。「それってびっくりすること?」と思うかもしれませんが、シドニーやメルボルン、パースといった他国からのアクセスがいい都市には移民も多く、アジア系移民や中南米系移民の方も街中で多く見かけます。それに比べキャンベラでは、街中でも学校でもほとんどアジア系の方や日本人も見かけません。
しかし、Canberra Nara Peace Parkという公園で毎年10月末に開催されるCanberra Nara Candle
Festivalには、たくさんの日本人や日系人、日本好きのオーストラリア人が集まります。たこ焼き、焼きそば、金魚すくいなどの屋台が出たり、武道や舞踊などのステージもあり、浴衣を着ている人も。この日だけは、キャンベラの街も日本風になっておもしろいですよ。

– キャンベラがおすすめな理由4 –
教育の質が高い!
教育の質

超名門Australian National University(オーストラリア国立大学)やUniversity of Canberra(キャンベラ大学)など、有名大学が集まっている点も高ポイント! キャンベラは比較的新しい都市で教育にとても力を入れており、学生をどんどん呼び込んでいます。エネルギー溢れる若者が集まっているため、街の平均年齢も約34歳と若いのです。公官庁や研究機関が集まっているため、研究目的の学生が集まる大学・専門学校もレベルが高いと言われています。教育を目的に、オーストラリア国内からもオーストラリア人の移住が増えてきているそうです。

– キャンベラがおすすめな理由5 –
留学生でも仕事のチャンスが多い
仕事のチャンス

留学人気都市のシドニーやメルボルンは、留学生の方も比較的就きやすい飲食系のアルバイトやインターンの種類・数が幅広いのはうなずけますね。しかし、それだけ人が集まっていると当然競争率も激しくなるものです。その点キャンベラは、街が新しく、雇用は増えていく一方で、シドニーやメルボルンといった大都市ほど競争が激しいわけでないため、仕事のチャンスが多くあると言えます。
経験がなくても雇ってもらいやすいため、日本での経験の有無に縛られず、新しいことにもチャレンジしやすい環境がポイントです。

– キャンベラのおすすめポイント6 –
多国籍料理が至るところに!
多国籍料理

イタリアン、フレンチ、メキシカン、タイ、日本、中華、ベトナムなど……どんな国の料理でも探せます。日本食はお寿司、ラーメンの他にも、これは本当に和食……? というようなフュージョン系の新しい料理もあり、探求心をくすぐります。どうしても口に合わない方は自炊もおすすめです。アジア系スーパーマーケットが街中に3箇所ほどあり、中心地から少し外れたショッピング街にもアジア系スーパーマーケットがあります。調味料やインスタント、お菓子など、Made in Japanの商品も簡単に見つけることができますよ。

– キャンベラがおすすめな理由7 –
自然が豊かで過ごしやすい気候
自然が豊か

キャンベラはシドニーやメルボルンと違って内陸にあるため、比較的乾燥する地域です。乾燥地の特徴として、日中と夜の寒暖差があるので、簡単に羽織れる薄手の上着などがあると重宝するようです。一方で日照時間はシドニーやメルボルン、アデレードよりも長く、青空が印象的な街です。

気温は夏でも最高27度ほどまでしか上がらないで、過ごしやすいですが、一方で冬には0度まで下がることも。市内中心部での積雪はほとんどありませんが、キャンベラ近郊では積もることもあります。常夏のイメージが強いオーストラリアにしては意外ですよね。

首都・大都市という代名詞はつきますが、計画都市として建設されたがゆえに街中にも複数公園があり、緑が多いのはうれしいポイント。大都市と言いながらも一歩中心地から出ると、オーストラリアらしい広大な牧場や美しい山などが広がっています。キャンベラの大学のキャンパス内には野生のカンガルーの家族連れが遊びに来たりするそうですよ。わざわざ動物園に行かなくても普段から動物を観ることができるかもしれませんね。

  • まとめ
  • まとめ

あまり知られていないオーストラリア・キャンベラについて、留学におすすめな理由をご紹介してきました。留学生の人気都市にはなかなか挙がってこない都市ですが、日本人も少なく、治安もよし、なんといっても仕事を探しやすいというのは、ワーキングホリデーで新たなキャリアに挑戦したい方や、自分の力試しをしたい方にもおすすめの都市です。
ちょっと違った経験をしてみたい留学生はぜひキャンベラに行ってみてはいかがでしょうか?
キャンベラに関してさらに詳しく知りたい方は、こちらのページもご覧ください!

コラムカテゴリ

無料お問い合わせ・説明会予約