COLUMNコラム

オーストラリア英語について

    • 2020年7月17日

オーストラリア英語の特徴
Books_2

私たち日本人は一般的に学生時代はアメリカ英語で英語学びます。発音、スペル、単語など、私たちになじみがあるのはアメリカ英語であることが多いです。
オーストラリアは過去にイギリスの植民地時代だったこともあり、オーストラリア英語はイギリス英語の影響を受けているといえます。

 

スペルの違い

アメリカ英語との代表的な違いとしてスペルがあります。
例えば、

  • Color(アメリカ英語)、Colour(イギリス・オーストラリア英語)
  • Favorite(アメリカ英語)、Favourite(イギリス・オーストラリア英語)
  • Center(アメリカ英語)、Centre(イギリス・オーストラリア英語)

というような違いがあります。
こちらはほんの一部で、その他にも微妙にスペルが違う単語は数多くあります。

 

オーストラリア独自の単語

このようにイギリス英語の影響は大きいですが、オーストラリア独自に生まれた言葉やオーストラリアだけで使われている言葉も存在します。代表的な例を下記にご紹介します。


Aussie Australian(オーストラリアの、オーストラリア人)
Arvo Afternoon(午後)
Macca’s McDonald’s(マクドナルド)
Lolly Candy(キャンディ)
Barbie Barbecue(バーベキュー)

オーストラリア人には上記の意味は通じますが、もちろん普通の単語で言っても伝わります。そのため、オーストラリアに留学するからと言って、オーストラリア英語の単語まで完璧に覚えていく必要はありません

留学中の語学習得に影響はするのか?

1~2年以内の留学において、オーストラリア英語のアクセントのせいで英語学習が妨げられることはあるか?


答えはNOです。
オーストラリアは、まだ実際に行ったことのない日本人の思う10倍は多国籍国家で、街中に色々な国の人たちがいます。
日本にいたら外国人があちこちにいる!日本人がほぼいない?!ということは一部の観光地を除いてほとんどないと思います。
しかしオーストラリアではそれが逆となることが多いです。特に大都市であるシドニーやメルボルン、ブリスベンなどは、とにかく街の至るところのあちこちに、世界中の国から来た人たちがいます。

その中で、オーストラリアの英語がなまっていると気にする人はほとんどいません。
そして何よりも、都市部の語学学校の先生や、20代、30代の若い世代のオーストラリア人たちは、聞き取れないほどコテコテに訛った英語を話すことはほぼありません。

「オーストラリア英語」という言葉を用いて表現

どこの国に行っても、どこの国の人が話しても「英語は英語」です。
中国人が話す英語は「中国なまりの英語」、韓国人が話す英語は「韓国なまりの英語」日本人が話す英語は「日本なまりの英語」となるように、みんなが同じ「英語」という言語を用いていることは同じです。英語は話す人・出身国によって個性のでる世界共通言語なので、まず完璧という概念はないのではないでしょうか。
皆さんがイメージする英語を話す代表国のイギリスやアメリカにも、アクセントや方言に特徴があります。

たとえアクセントや訛りをもつ英語圏の国に行ったとしても、その訛りのせいで英語が全く上達しない、なんてことはないと思います。
そして、1~2年の留学では1度も間違えずにネイティブのような英語を常時話す、ということは残念ながらきっと難しいです。
「オーストラリア英語は訛りがあるから、本当に英語を話せるようになるか不安」と思っている方は、訛りや間違いを恐れる前に1つでも多くの英単語を覚えてから行くことお勧めします!

訛りは都市にも関係する?
    
     brisbane/southbank

前述のように、オーストラリアは様々な文化が入り混じる多国籍国家です。
特に、大都市であるシドニーやメルボルンはそれを非常に感じられる街であることから、同時に最もオーストラリアアクセントを生活の中で感じにくい街であるともいえると思います。
反対に、人の少ない小さい町や都市部から大きく離れた場所だと、よりオーストラリアアクセントを感じやすくなると言えます。
日本でも、田舎に行けば行くほどおじいちゃんやおばあちゃんが方言の強い言葉を話している、というイメージと同じで、オーストラリアでも都市部から遠い街では特に若い世代ではない人たちが、いわゆる”オーストラリア英語”を日常的に話している、というイメージを持つといいと思います。
「どうしても、オーストラリアアクセントを少しでも遠ざけたい!」という人はできるだけ大都市を選ぶといいのではないでしょうか。

  • まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、よく皆さんがご不安に思われる点としてあげられる「オーストラリア英語の特徴」についてお話させていただきました!

最初は不安に思うことだらけかもしれませんが、実際にオーストラリアに留学した人に聞いても、オーストラリアンアクセントの英語が留学の妨げになったというお話は聞いたことがないので、是非ポジティブに捉えていただければと思います!

無料留学説明会はこちらまで
オーストラリアへの語学留学はオーストラリア留学センター
お問合せはこちらまで

コラムカテゴリ

無料お問い合わせ・説明会予約