オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    10時~20時(月~金)/10時~19時(土・日)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10時~18時(月~金)

車いす利用者でも留学は可能ですか?

はい、車いす利用者の方でも語学学校で英語プログラムに参加して頂くことが出来ます。バリアフリーな学校施設があり、 車いす利用者を受け入れている学校をご紹介可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

語学留学とワーホリ、どっちが語学力がつきますか?

どちらとは断言できません。どちらも全く違うタイプの海外生活方法です。

語学留学は、主に「学校に行く」ということがメインのプランで、ワーキングホリデーは、学校に行ったり、アルバイトをしたり、ボランティア活動をしたり、旅行をしたり、ファームステイしたりなど、「一年間という期間の中で好きなことができる」というプランです。ですので、生活をしながら、その中で会話力をつけたい、という方はワーキングホリデー、学校を中心とした生活の中で語学を学びたい、という方は語学留学のプランがオススメです。

入学日は決まっていますか?

一般的に、語学学校の一般英語コースの入学は毎週月曜日です。

大学進学コースやIELTS対策コースなど、プログラムによっては、数ヶ月や学期に1回ほどのペースで入校日が定められています。
学校によって入校日は異なりますので、気になる学校のコース詳細を確認しましょう。

英語が話せなくても大丈夫ですか?

語学力はあるには越したことはありません。

現地でアルバイトを探す際、語学力に応じて、職種の幅も広がることでしょう。
オーストラリアのシドニーやケアンズなど、日本人が多く滞在し、日本人向けの店や施設などが多くある都市で暮らすのであれば、英語はほとんど話せなくてもある程度生活していくことは可能でしょう。
お客様も仕事仲間も日本人という環境であれば、語学力はほとんど必要ないのかもしれませんが、せっかくの海外滞在ですので、日本では味わえない環境に挑戦してみましょう。
ワーキングホリデーの充実度と行動範囲は、語学力によって大きく左右されます。

日本人の割合はどのくらいですか ?

オーストラリアの平均的な日本人比率は5〜10%です。
日本人に人気の学校は最大25%ほど、日本人が少ない学校は1〜2%という学校まであります。

留学生の皆さんは日本人比率を気にされますが、パーセンテージだけでなく”全校生徒数に対して何%の日本人がいるか”というのも重要なポイントです。

例えば、同じ日本人率10%の学校でも、全校生徒が100人の場合は10人ですが、500人の場合は50人と、実際に会う確率や同じクラスになる確率は上がります。

地域情報
語学学校一覧
専門学校一覧