オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    10時~20時(月~金)/10時~19時(土・日)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10時~18時(月~金)

オーストラリアでファーム体験をしよう!

farm5オーストラリアのファームのあれこれ。ファームってよく耳にするけど具体的には何かが分からない。ファームの体験をしてみたい。WWOOFって何だろう?どうやって探せばいいの?必要なものって?そんな疑問をひとつずつ解決していくページです☆

オーストラリアのファーム

そもそも”ファーム”って何?
apple オーストラリアについて調べていると「ファームに行ってきました!」や「ファームでのワーカー募集!」など、必ずと言っていいほど目にする”ファーム”の文字。”farm”とは「農場・農園」といった意味です。オーストラリアは広大な土地があるので街から外れると至る所に果物や野菜、家畜などの農場があります。農場の数に比べ労働者数が足りていないという背景から、農場のオーナーは地元・海外からの労働者(ワーカー)を募集しています。仕事内容としては、果物のピッキングや出荷用にパッキングを中心に、果物が実る前の枝葉などの管理や家畜の世話など多種多様な仕事があります。オージーのオーナー・ワーカーがいる環境で働き英語を伸ばしたい方や、オーストラリアならではの農場体験を求めている方、自然が大好きな方、またセカンドVISAの取得を求めていく方など、ファームに行く理由は皆さんそれぞれです。
ファームの探しかた?
how有給のファームを探す場合には直接ファームに行ってみて申し込む方法やオーストラリアの仕事情報を探すサイト(Gumtreeなど)や友人の紹介などで探すことが一般的です。但しファームの受け入れに関しては情報が希薄です。シーズンやその年によって収穫量も異なるので変動しやすく実際に現地に行くまでは情報があやふや、行ってから聞いていた話と違った!仕事がない!と言った体験談もしばしばです。また働く条件として労働時間が制限されていないワーキングホリデーVISAを求めるファームがほとんどなので、学生VISAの方には難しい状況です。では、学生VISAでもファームを経験してみたい場合はどうすればいいのでしょうか?続きの「WWOOFとは」でご紹介します。
WWOOFとは
wwoofWWOOFとはWorld Wide Opportunities on Organic Farmsの頭文字で「世界各地で有機農場で働けるチャンスを」といった意味合いから成っています。有機農場を持つホストの元で、労働力を提供する代わりに、ホストは宿泊場所と食事を提供します。そのためお金のやり取りは相互間で発生せず、家族のような形で受け入れ良い関係を築いていくことも目的の1つです。
WWOOFであれば学生VISAの方も受け入れているのでファームでの体験をすることが可能となります。また、もちろんワーホリVISAの方も参加できセカンドVISAを取得するために利用(条件があるので政府サイト確認要)する方もいらっしゃいます。
WWOOFの登録方法
wwoofbook1WWOOF を始めるにはまずWWOOF BOOKの購入と登録が必要です。(1冊$65)この場合、友人と一緒に参加する場合も1人1冊の購入・登録が必要となり、1つの本を2人以上で使用することができません。オーストラリアの州ごとに分かれWWOOFERを募集しているホストの情報が載っているので興味のあるホストを選び、連絡は電話かメールでやり取りをします。オーストラリア留学センターにて購入が出来ますのでお問い合わせ下さい。
ico_arrow28r_5WWOOFに関するお問い合わせはこちらから


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧