オーストラリア留学・オーストラリア留学なら語学学校数No.1 のオーストラリア留学センター!
手数料無料で最安校から大学付属英語コースまで幅広く紹介。

  • DEOWオーストラリアのツイッター
  • DEOWオーストラリアのfacebook
  • DEOWオーストラリアのLINE
  • 日本オフィス(東京・大阪・名古屋)
    TEL0120-4192-09
    (日本時間)/10:00~20:00(年中無休)
  • シドニーオフィス
    TEL+61-2-9029-1448
    (現地時間)/10:00~18:00(月〜金)

歯科医師・歯科衛生士のオーストラリア免許取得への道

DentistTop2 オーストラリアで歯科医師として働きたい方・歯科医師協会登録を目指している方には、「今更大学には入りたくない…」「なんとか費用を抑えて移民に繋げたい」も多いのではないでしょうか?
このページでは、歯科医師・歯科衛生士のオーストラリア免許取得への道として、大学進学以外の免許書換についてご案内致します。

対象となる方

以下の条件を満たす方が、所定の審査や試験を突破することでオーストラリアの免許へ書き換えることができます。
  • 歯科医師

    ・4年制大学以上の卒業資格を有する方
    ・日本で歯科医師免許を取得し、その資格を保持している方
    ・卒業後はく奪などなく資格を保持し続けている方

  • 歯科衛生士

    ・2年以上のフルタイムプログラム卒業資格を有する方
    ・日本で歯科衛生士免許を取得し、その資格を保持している方
    ・卒業後はく奪などなく資格を保持し続けている方

歯科医師・衛生士免許書き換えまでの流れと費用

免許書き換え手続きの流れ

Australian Dental Council (ADC)が実施する、免許書き換えの大きな流れをご説明します。Australian Dental Council (ADC)とはオーストラリアの海外歯科医師免許の認証団体で、書換の書類審査や試験を統括しています。
※書換の手続き手順はお客様の英語力や留学プラン、状況によって異なることをご了承ください。

STEP1: Initial Assessment of Professional Qualifications (適性審査)
学歴、免許や登録の詳細、歯科医師・歯科衛生士としてのこれまでの臨床経験などの書類審査を受けます。これは英語力試験(OET/IELTS)に合格する前でも申請可能です。

所要期間:最短8週間
STEP2: 英語力証明 (OET, IELTS, PTE またはTOEFL)
筆記試験を受けるために必要な英語力のスコアをいずれかの方法で提出しなければなりません。・OETの4科目すべてにおいてBもしくはA以上のスコアがあること
・IELTSアカデミックモジュールの4科目すべてにおいて7.0以上のスコアがあること。
・PTEアカデミックの4科目すべてにおいて65以上のスコアがあること
・TOEFL iBTにてトータルスコアが94以上且つリスニングとリーディングが24以上、ライティング27以上、スピーキング23以上のスコアがあること
どちらのテストにしても、4科目は同日に受験した結果あるいは下記の条件を満たした2度の試験の結果でなければなりません。

・OETの場合、4科目すべてにおいてB以上のスコアがあり、且つC未満のスコアがないこと。
・IELTSの場合、4科目すべてにおいて7.0以上のスコアがあり、6.5未満のスコアがなく、且つ2回とも平均7.0以上のスコアがあること。
・PTEアカデミックの場合、4科目すべてにおいて65以上のスコアがあり、58未満のスコアがなく、且つ2回とも平均65以上のスコアがあること。
どちらのテストにしても、4科目は同日に受験した結果あるいは下記の条件を満たした2度の試験の結果でなければなりません。
・TOEFLの場合、リスニングとリーディングが24以上、ライティング27以上、スピーキング23以上のスコアがあり、リスニングとスピーキングが20未満、ライティング23未満、リーディング19未満のスコアがなく、且つ2回とも合計94以上のスコアがあること。

試験結果の有効期限はどちらも2年です。
STEP3: Written Examination(筆記試験)
申請者の知識と判断力を審査するために2日に渡って試験が行われます。マークシート方式などの多肢選択法及びショートアンサータイプの質問形式です。英語力証明は必要ない為、OETやIELTSのスコアがまだ足りていなくても受験することができます。

開催時期:毎年3月と9月
開催場所:オーストラリア国内各都市、海外各都市 ※日本では開催されません。
結果:約6週間で結果が判定されオンライン上で確認できます。
有効期限:3年
STEP4: Practical Examination(実技試験)
Written Examination(筆記試験)に合格し、有効な英語力証明スコアをもつ申請者のみ受験することができます。2-3日に渡って試験が行われ、与えられる12の課題をこなしていきます。試験中は感染予防が十分にできているかなどもチェックされます。

開催時期:毎年6月と11月
開催場所:オーストラリア国内各主要都市
結果:約6週間で結果が判定されオンライン上で確認できます。
STEP5: オーストラリアの歯科医師会に登録
the Dental Board of Australia(オーストラリア歯科医師会)へ登録します。提出するすべての書類は、有資格者による英訳が必須です。
詳しくはthe Dental Board of Australia公式ホームページよりご確認ください。

書き換え手続きに必要な費用概算

書換にあたり必要な書類・試験にかかる費用です。
概要 歯科医師 歯科衛生士
Initial Assessment of Professional Qualification $610 $610
Written Examination $1500 $1350
Practical Examination $6,615 $3150
※手続き・費用は予告なく変更される可能性があります。申請時には各自最新の情報を審査機関Australian Dental Council (ADC)公式ホームページよりご確認ください。

免許書換え後…

資格取得、歯科医師会への登録が完了すると、晴れてオーストラリアで治療に携わることができます。筆記試験・実技試験には観光ビザなどで短期で滞在することができますが、仕事探しには長期的なビザが必要不可欠です。就労可能なビザを取得し、歯科医師・歯科衛生士として仕事探しを始めます。

おすすめの留学プラン

費用も時間もかかる免許書き換えの道…。複雑な手続きをクリアしても、就労可能なビザがなければ働くことができません。まずは何から始めれば良いのでしょうか?
ここでは、2つのパターンをご紹介します。
  • まずお試し!現地事情が知りたい方向け:IELTS/OETコースで英語力UPコース

    上記でも説明しました通り、免許の書換に、英語力証明は必須事項です。IELTSは日本でも受験できますが、OET試験は自己学習が難しく、オーストラリア現地で語学学校のプログラムに通ってスコアアップを図る方が一般的です。OETや医療英語コース、IELTSコースに通いながら現地の情報収集や実際に働いている方の生の声を聞いてみましょう。

  • もう本気!腰をすえて取り組む方向け:長期プログラムコース

    免許の切替にはIELTSやOETの英語力証明が必要ですから、これらのプログラムを受講することは皆さんが通られる道です。資格書換後、就労するにはワーキングホリデービザの他に、長期プログラムを受講されながら学生ビザで就労することが可能です。長期プログラムは、同じく医療系のプログラムから全く別の分野まで、幅広くご案内致します。

当センターでは個々人の希望や状況にあった留学のプランニングのアドバイスを通して、
最終の目標である「歯科医師として働く」夢の実現をサポートします
お問い合わせはこちらから!


オーストラリア留学センターへのお問い合わせはこちら
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
語学学校一覧
専門学校一覧